月別アーカイブ: 2013年8月

大学生時代の彼女

学生時代に付き合っていた時の彼女から言われて辛かった事があります。

それは大学3年生の頃の話しなんですが、当時付き合っていた彼女の誕生日があり、プレゼントをどうしようか悩んでいたんです。

彼女に何が欲しいか聞くのも何か面白味が無いと思い、自分なりに色々考えて、結局ネックレスを渡すことにしたんです。

当時はバイトをしていたんですが、あくまで学生なのでそんなに給料もある訳でもなく、ネックレスもそんなに高額な物を買ってあげる事は出来ませんでした。

ちなみに値段的には2万円ぐらい。まぁプレゼントなんて気持ちですしね、学生なんで2万の物を渡すだけで十分ですよね。

そして誕生日当日に彼女にプレゼントを渡したら、彼女に言われた言葉が、「今どき高校生でももっとマシな物渡すと思うよ・・・・。」と。。。

なんと、全く気にいってくれず。。。どうやら安すぎたのが問題なのか・・・。って普通の人の意見だと、何だこの女、一体何様なんだ?って思うのが普通ですよね。

でも当時の私は、彼女に入れ込んでいたので、すぐに誤り違うプレゼントを買いに行ったんですよね。

結局彼女が欲しがっていた、ヴイトンの財布を買う事に。値段は7万円・・・。結局お金が無いので学生でも借りられるキャッシングでお金を借りて支払う事に。。。

今思うと無茶苦茶な女ですよね。。。こんな人を好きになった自分も自分ですが。。。

ちなみにこの誕生日の1か月後には別れてしまったんですけどね。。。

 

 

夏の花火大会

今日は地元の花火大会があります。毎年この日だけは田舎の街も活気があり、何処からこんなに人が来ているの?って思うぐらいの数の人ごみになります。

海の方で花火が上がるので、海沿いの道にはズラーッと人でいっぱいになるんですが、毎年少しでもイイところで見れるように、2時間ぐらい前に行って場所取りしていました。

でも今年はその場所取りも必要ないんです。何故なら、彼氏の友達が船を持っていて、今年はその船に乗って海の上から花火が見れるんです。

最高の特等席ですよね。凄く楽しみです。もうワクワクです!!

夕立にあいました

駅から帰ってくる途中にとんでもない勢いで雨が降ってきました。

朝家をでるときに夕立があるという話を聞いてはいました。 ですが、傘をもってきていません。

仕方がないので濡れながら帰ろうかとも思いました。 そんなとき、雷が鳴りはじめました。

これは、危ないかもしれないと思って、駅まで引き返しました。 そこで夕立がやむまで30分くらいぼーっと待ちました。

まわりにいた人もみんな雨宿りをしていました。 湿度が高くてじめじめしていました。